ご訪問ありがとうございます。

2017年は仮想通貨元年と呼ばれるに相応しいほど、
仮想通貨業界は盛り上がりをみせました。


03



2018年はコインチェックのNEM/XEM盗難事件もあり、
「仮想通貨」という言葉はかなり一般的になってきました。





テレビや雑誌でも取り上げられるようになり、
億り人」と呼ばれる億万長者も
ごろごろと現れるようになりました。


11



では、これから仮想通貨の世界に飛び込んでも儲からないだろう。
とお考えであれば、すこし考え直してみた方がいいかもしれません。





たしかに、仮想通貨が出始めた頃(誰も知らない頃)
に参入し、適当な通貨を持っていただけで、
ラッキーパンチが当たって、大儲けできるようなことは、
だんだんと少なくなっていくかもしれません。





しかし、まだまだ仮想通貨の世界は発展途上といえる段階です。
ラッキーパンチがたくさん当たることは少ないかもしれませんが、
まだまだ儲けるチャンスはあると思います。
少しずつでも勉強しながら、
未来に世界的に使われるであろう
暗号通貨に慣れておくのも必要ではないでしょうか。



114





さらに、これからの時代はどんどんキャッシュレス(現金を使わない)時代に突入していくのはもう目に見えています。
多くの国では暗号通貨でなくとも、
電子決済がどんどん進んでいます。





ドルや日本円、ユーロなどのフィアット通貨自体が
暗号通貨にすべて取って代わることは
なかなか難しいかもしれませんが、
暗号通貨と共存していく世界は十分に考えられると思います。



26





そういったときに、少しでも早い段階から暗号通貨に触れ、
時代において行かれないことは、
儲けるだけでなく、大きなリスクヘッジの一つになるのではないでしょうか。




大切な資産を守るには分散しておくことが大切ですが、




銀行に預ける現金、
金などの現物資産、株式、不動産、
などとともに暗号通貨も一部持っておく。
こう考えてみるといいと思います。





私の場合は、上記の用に、フィアット通貨(日本円やドルなど)
の価値が仮想通貨が普及することによって、
相対的にみて価値が下がるかもしれない
というリスクを回避するために、
2017年3月頃から少しずつ投資を始めてみた結果、
思った以上に普及が早く、利益を出すことが出来ています。


14






まだ、取引所に口座を持っていない方は、
口座を作るところからスタートです。

まずは、安心感のある国内取引所から登録しておきましょう。

では、どこの会社で口座開設すればいいか?


10


















答えは、出来るだけ多くです。

なぜなら、暗号通貨は電子データであり、
単なる数字でしかありません。
コインチェックの事件が記憶に新しい方も多いかもしれませんが、
取引所にある電子データに何か問題が起こった場合は資産を失うかもしれません。
コインチェックの事件があってから、金融庁の目もかなり厳しくなり
各取引所はセキュリティーを最重要項目として対策させられています。
当たり前ですが)




119







つまり、例えば1000万円を暗号通貨として持っておくとしても、

1つの取引所に1000万円すべてを入れておくより、

5つの取引所に200万円ずつ入れておく方がリスク分散できるというわけです。

しかも、暗号通貨のいいところは、
微量の手数料が掛かるものの、
取引所から取引所に通貨を送金することが
スマホやPC1台で瞬時に出来ます。
(銀行から銀行ならネットバンキングを使ってもここまで速く、安くはならない)





FXの口座をたくさん作るのとは意味が全然違います



105





現在の日本の取引所では下記の分を口座開設しておけば、十分でしょう。
(私のおすすめの順番に書いております)

Zaif

bitFlyer

GMOコイン

QUOINEX
→手順は工事中

bitbank
bitbankの口座開設手順

BtcBox
BtcBoxの口座開設手順

Coincheck
Coincheck(コインチェック)の口座開設手順 
(※2018年2月現在新規登録を停止しているようです。)



海外取引所のオススメ取引所

Binance
binanceの口座開設手順




↑↑すらりんブログはここまで
=========================================